通 信 2002.12.10

真に実行ある政治臨時条例を作りましょう!
上福岡市は市長、助役、収入役、教育長の4役を対象とした政治倫理条例を12月議会に提案しています。既に市議については政治倫理条例が来年1月に制定されることが決まっており、@地位を利用して金品を授受しないA市が行う工事等について特定の業者を推薦、紹介して有利な計らいをしないB批判を受ける寄付は受けないなどが柱となっています。旧大宮市には政治倫理条例がありましたが、合併する際破棄され、さいたま市には政治倫理条例がありません。旧大宮市民が中心になり(私も賛同人になっています)さいたま市に政治倫理条例を作るための活動を続けていますが、議員の中には自らの首を絞めるようなことはしたくない?と考える方もあり難航しています。残念ながら、政治や、政党、議員に対して不信の声が大きくある今だからこそ、議員自らが、真に市民の信頼を取り戻すための政治倫理条例は必要です。23日には市民の意見を聞く会が開催されましたが、市民から出された意見に耳を傾け真に実効性ある条例を作って欲しいと思います。議会への監視を強めましょう。

あなたの情報が危ない・住民基本台帳ネットワークはいらない!
 牛は10桁、人は11桁これは何の数字かご存知ですか?牛と人間に付けられた管理番号です。さいたま市のシステム導入コストは3億5,000万円、ランニングコストは6,900万円となっています。こんなにコストがかかり、システム、セキュリティ上も多くの問題を抱えている住基ネット導入に全国で多くの反対運動が起きています。導入を拒否した杉並区や、選択制とした横浜市などの自治体の動きも始まっています。特に横浜市は個人情報の非通知を希望した人は40万人になろうとしています。ところがさいたま市は国の方針通りという姿勢を変えていません。9月時点で2,899人の市民が市に意見を出していますが(9月いっぱいで意見集約締め切り)、疑義を持っている市民はもっと多くいると考えられます。区名選定に見られた市民無視のさいたま市の姿勢を変えさせ、住基ネットについて真摯に市民の声を聞き、住民情報保護への対策に取り組んで欲しいと思います。全国から反対の声を大きくし、住基ネット廃止を!

岡まち子 事務所
〒338-0822 埼玉県さいたま市中島1-20-7 電話:048-851-5454