「埼玉県男女共同参画推進プラン2010」についての提言

「埼玉県男女共同参画推進プラン2010」についての提言書PDF

市民から信頼される
   さいたま市をつくるために

 昨年は、官への信頼が大きく揺らぐ事件が幾つもおきました。姉歯・耐震構造偽造事件が最たるものですが、行政責任であるべき許認可権までも民間(企業)への委託、結果のチェックすらできない官(行政)実態となっていることが明らかになりました。小さな政府・官から民へという流れの中で、行政の責任まで曖昧にされています。国民サービスという視点から、官と民との役割分担を見直し、バランスのいい社会づくりをめざします。

12月定例議会報告

市長の特別秘書設置条例 反対しました
税金使って選挙や講演会活動!?

◆12月定例会は、12月7日から21日まで開催されました。
 市長から提案された議案は一般会計・特別会計補正予算や市長の「特別秘書」設置条例、指定管理者の指定など85件で、全て可決されました。
◆一般会計補正予算の主なものは、被保護者増加に伴う生活保護費(9億4100万)、経済的理由による就学困難家庭への援助費(4343万)、宮原・春岡公民館のバリアフリー化工事費(978万7千)、道場三室線(2工区)・田島大牧線(1工区)用地取得費(11億6980万6千)など、さらに4月実施を予定していた小学校の警備員配置を1月から前倒しで実施するため7194万5千の補正が追加提案されました。
◆特別秘書は、政治的中立が求められないため、後援会活動や政治活動が出来る公務員です。
他の政令市にも例がなく、3人の助役がいるなかで職務も曖昧です。収入役など特別職を廃止する自治体があるなかで、人件費(給与・共済費・退職金)年間約1200万円を新たに支出することにもなり、税金を使って選挙や後援会活動も可能な特別秘書の設置には反対しました。
自民党・公明党の賛成で可決されてしまいましたが、活動内容をチェックしていきます。


実現しました!
さいたま市平和都市宣言

 自治ネットは、平和都市宣言を行なうよう、何度も求めてきましたが、やっと12月21日、「平和都市宣言」が行なわれました。市役所前の広場に「広告塔」も建てられました


一歩前進しました!
政策入札

  一般競争入札、指名競争入札に参加を希望する者の資格審査に障害者雇用状況やISO認証取得が加算されるようになりました。政策入札に一歩前進です。


建築確認体制の充実を

 さいたま市に出される確認申請の80パーセント以上が民間で審査されています。確認の最終責任は市にありますが、担当職員はたったの19人。民間の審査結果をチェックできる体制はありません。人材の育成を含め、市民の信頼を得られる建築行政確立のため、頑張ります。

◆東日本鉄工跡地マンションも

_ 建築確認は民間業者◆桜区町谷の東本鉄鋼跡地 東日本鉄工跡地(約一万一千坪)に予定されるマンションは、地上15階・地下1階で862世帯が入居予定、学校不足、交通渋滞等予測され、関係住民の皆さんとの話し合いが行なわれています。ここの確認申請も民間予定。充分な話し合いがすまないうちに強行着工されることのないよう監視してゆきます。


各小学校にガードマン配置

 小学校低学年児童への犯罪が増えていることもあり、今年から各小学校に一名のガードマンが配置されます。学校入り口での監視が主な仕事ですが、登下校児の見守りも行ないます。国は登下校時の安全は保護者責任とし、保護者による送り迎えが実施されつつありますが、共働き等したくてもできない家庭もあります。地域力の強化と共に通学路の見直しや安全性確保のための行政責任も問われます。


不透明に終わった指定管理者選考


 指定管理者制度対象208施設中53施設が公募(他はとりあえず随意契約)となり、業者選定が行なわれましたが、選考過程は公開されず、選考委員も市職員のみという不透明な選定結果でした。今回の指定管理者制度で節約になった経費は六億円と見込まれますが、市民サービスの低下として帰ってこないよう監視してゆきます。また選定に当たり @選考委員会への第三者委員の参加 A選考過程の公開 B結果の公表の原則を実現するため引き続き頑張ります。


汚水・悪臭のないまちづくりを

 Mコロライドから出る悪臭・汚水が近隣住人を悩ましています。工場側と話し合いで少しずつ改善されていますが、根本的解決に至っていません。この地域のように工場と住宅の混在地域は他で
も多くの問題を抱え、まちづくりの基本が問われています。住民と協力しまちづくりを進めす。



靖国神社に行ってきました

 小泉首相の靖国参拝は、アジアの国ぐにから非難されています。日本の戦争責任を回避し、戦争をする国をめざす人々のよりどころ靖国神社・資料館としての遊就館を初めて見てきました。国のために戦死された皆さんのことを思うと、二度と戦争をしないことこそが大切だということを再確認しました。


 

■無料法律相談・行政相談・年金相談・生活相談等常時受け付けています。
 ご遠慮なくご相談ください。 Eメールはこちら




岡まち子通信バックナンバー

2005年10月 ●2005年7月 ●2005年4月 ●2005年1月 ●2004.9月議会報告 ●2004.6月議会報告 ●2004.3月議会報告 ●2004.12月議会報告 ●2003.9月議会報告 ●2003.6月定例議会報告 ●2003/05/会派について ●2003.開票報告書 ●2003/04私の決意 ●2003/02/10 ●2003/01/11 ●2002/12/10 ●2002/11/01
●さいたま市の区名(案)がきまりました」号
●「政令市(さいたま市)の市議会議員選挙に立候補する事を決めました」号